刺されると危険

家周りに薬を撒く様子

ハチに二度刺されないように注意

アナフィラキシーショックという言葉は聞いたことがあると思います。これは、ハチに刺された時にも起こる可能性があるのです。一度目に刺されたときは何ともないのですが、二度目に刺されたときにアレルギー反応を引き起こす人がいるのです。これが重症化した場合は、死に至ることがあります。最近はスズメバチが人家の周りに巣をつくることが多くなっていますので、注意しないといけないでしょう。刺されることだけは避けないといけないので、スズメバチ駆除の専門業者に来てもらわないといけないでしょう。巣には数百匹のスズメバチがいるので、駆除している途中に近所の人を襲う可能性もありますが、そのようなところもプロのスズメバチ駆除業者なのできちんとしてくれるでしょう。

夏から秋にかけて注意

ハチのことをよく知ることで、ハチからの被害を避けるとともに、共存することもできるでしょう。スズメバチは夏から秋にかけて精力的に活動します。新しい女王蜂が誕生するので、巣を守るために警戒心を高めているのです。この時期はスズメバチの巣に近付くのはやめた方がいいでしょう。巣があれば、危険なのでスズメバチ駆除業者にきてもらいましょう。スズメバチ駆除業者はきちんと駆除をしてくれますし、場合によってはそのままにすることもあります。巣があっても安全であると判断されれば、家主と相談してなるべく自然のままにしてあげることもしています。自然は減少しています。でも、最近ではその自然を取り戻す動きに力が注がれています。